banner

指の力でクレンジングするリスク

ストレスや不規則な生活、体質などで敏感なお肌になっているとき、誰でもまず考えるのが、クレンジングの際に少しでもしっかりと汚れを落としてしまおうということです。 そして、毛穴の奥の奥まで根こそぎ汚れを洗い流そうと思うと、指の力でごしごしと洗いがちです。 しかし、じつはこの指でごしごしと力を入れるクレンジングというのは要注意なのです。

とくにデリケートなお肌を持っている方の場合、お肌を洗うときにもっとも活用したいのは、指の力ではなく、泡の力です。 そもそもクレンジングというのは、質の良い洗顔料を選んでいれば泡だけで充分きれいに汚れを落とすことができます。 やさしい力だけでも汚れはきちんと落とせるのです。

無駄に力を入れてこするように洗うと、クレンジングのせいで逆に敏感肌を傷めてしまうことになります。 指に力を入れてゴシゴシとこすれば良いとうわけでは決してないのです。 クレンジングの際は、手のひらでしっかりと泡立ててから、ふわふわの泡をたっぷりと使ってお肌を包み込むように洗うことが大切です。

Copyright(c) 敏感肌のクレンジングの選び方を知ろう. All Rights Reserved.